Sweet Bite Genius, Part 2 & 3.

※この記事は2012年7月27日、30日に掲載されたものです。

 

あーもー、夏季休暇の予定がぐちゃぐちゃに崩れて怒り心頭中の男、saltwater-ffです。今日も暑いですね、こんにちは!

仕事にトラブルはつきものですが、こう何度もポカを食らわされると怒りゲージがぐんぐん上がっていくってものですよ。連日釣れまくりMAXのHNKへ出撃したいのに……ううう。ま、そんな愚痴こぼしてる間にさっさと仕事やっつけて、ビールでぷはーっと暑気払いしたいもんです。

さて本日は先日の第2弾。甘噛みの天才たちのあられもない姿をお披露目! サンプル数がまだまだ足りないので多くは語りませんが、とにもかくにも掛かりどころにご注目をば。
興味があるのは一部の人だけ。そしてわかる人にはわかってしまう……のかも? たぶん。


ではでは週末&夏季休暇で出撃の方、ご武運を。おきばりやす。

【 ここからPart3です 】

いよいよオリンピックが始まりましたね~。開会式のヘイジュードを聴いてミョーに感動した男、saltwater-ffです。こんにちは。
ビートルズファンの方々には「常識じゃボケ!」と叱られそうですが、ヘイジュードはポール・マッカトニーが作った曲で、ジョン・レノンの息子、ジュリアンを励ますために作ったとか、ビートルズの楽曲の中で最大のヒット曲だとか、いろいろありますが、この曲が発表された1968年頃の世界の動き(共産主義から自由主義への解放とか)と、2012年の現在とが、なんだか重なって見える部分があったりなかったり。

目の前の厳しい現実を見つめ、受け入れ、そのうえで歩み出そう……みたいな変革の歌に思えたような気がします。
ま、そんなことはさておき。本日は前回投げっぱなしにしたまんまの答え合わせ(?)。ご用とお急ぎでない方は、ぜひぜひ続きをご覧あそばせMAX!

あれ?前と同じ画像やん……って、ちょっとだけ違うですよ!
はい、というわけで前回の画像にちょっと加工してみました。赤い線が入ってますよね~。わかりやすいですね~。この線が何かっつーと、刺さってるハリの向きと長さを表しております(当社調べ)。
で、それが何だっつー話ですが、まぁご覧くださいな。まず口の中に刺さったものが皆無でんがなまんがな。
シーバスとかシイラ、ヒラメにカツオ、ボラ、メバルなどなど、大部分の魚は口の外にも中にもフッキングします。しかーし、クロ様は口の外側、厳密にはクチビル周辺と、カンヌキ(ジゴク)にしか掛かりません。これ、知ってると知らないとでは大違いだと思うわけですよ。


ほらね。


これもクチビル。


これはカンヌキ。


こっちもカンヌキ。


カンヌキの外側。レアケース?


またまたクチビル。


つーことで、最後もクチビル。

まだまだ検証の余地があるのは書くまでもありませんが、各地でクロダイのフライフィッシングが活発になると、こういうデータも集めやすくなるのかな~と。もし気が向いたら、釣ったクロダイの口元を観察してみてください。
珍しい刺さり方してた場合は、私にもこっそり教えてくださいね!

甘噛みされまくり&夏バテでフニャンフニャンになってる、お父さんは、これ見て元気出して!


それでは、また。